FC2ブログ

新潟県支部 人と動物と防災IN「にいがたカナール彩」2021に出展

 あいにくの雨天でしたが、感染症対策を施して「カナール彩」(新潟県都市整備課・新潟市南商工振興会主催)に出展しました。
出展:「人と動物と防災IN「にいがたカナール彩」2021」(日本防災士会・新潟県支部 協働・協賛事業)
運営:防災士15名・新潟市動物愛護推進委員11名との協働事業
目的:人も動物も防災に対して平時から準備の必要性を子供たちに遊びながら親子で学んでもらうことを目的に出展しました。

NHK新潟放送局ニュース数日間のみWeb公開しています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20210429/1030016655.html
▶を押すと動画が流れます。

【ニュース内容】
地で地震や豪雨などの自然災害が起きるなか、災害時のペットとの避難について、必要な知識などを学んでもらう催しが新潟市で開かれました。
これは、人とペットの防災に関する活動などに取り組んでいる団体が企画し、新潟市中央区の県スポーツ公園にはペットの犬を連れた人など40人余りが参加しました。
会場では、団体のメンバーが講師を務め、はじめに参加者たちがペット用の非常食や災害用トイレなどの防災グッズを入れたかばんを背負って、重さを体験していました。
このあと、坂やバケツなどの障害物が置かれたコースをペットと歩きながら避難の際に気をつけなければならない点を確認していました。
参加した39歳の女性は「ふだん体験できないので、実際に犬の反応を見ることができてよかった。避難用のバッグを準備し、実際に避難する道も歩いて確認したい」と話していました。
主催した日本防災士会新潟県支部の伊丹佳鶴子防災士は「人の命を守ることが第一だが、ペットも守ってあげるために災害時を想定してふだんから何をしていけばいいかを考えてほしい」と話していました。

niigata030429b-1
資料(pdf)はコチラからご覧ください

新潟県支部 にいがたカナール彩で「人と動物と防災」(ペット防災とこども向け防災)啓発活動イベントを実施

「ペット防災」と「こども向けの防災」の啓発活動を新潟市動物愛護推進委員と防災士で協働で実施の予定です。
本日、主催者の新潟県都市整備課に確認したところコロナ禍ではありますが、感染症対策を施して「決行」するとのでした。
お近くにおいでの際は、是非お立ち寄りください。


2021にいがたカナール彩(デンカビックスワンスタジアム/カナール広場周辺)
4月29日 (雨天決行予定)
niigata030429-1
 
(スプリングフェスティバル)
主催 新潟市南商工振興会
(新潟県都市緑花フェア)
主催 新潟県

出展名
人と動物と防災実行委員会(日本防災士会・新潟県支部 協働・共催)

目標
"自ら考える防災へ"
☆危険を感じ、自分の命を守る、ペットの命を守る意識向上
☆子供達が身を守る知識を身につける学びを通して知ってもらう
☆ペット同行避難の理解の定着
☆企業と行政、市民との繋がりを深め連携できるような体制つくり
☆若年代へ引き継げる防災計画づくり
☆小、中学生の防災意識をあげる、地域と子供達との関係性を深めていく
チラシ(pdf)はコチラからごらんください

目的
○動物飼育者の意識をあげてもらう。
 飼育管理の適正
○人も動物も防災に対して平時から準備の必要性
○子供に遊びを通し、知識を学び、親子でコミュニティを深めてもらう
○防災士、新潟市動物愛護推進など、コミュニティづくり。顔が見える連携づくり

出展内容
動物エリア
*ペット同行避難擬似体験
(避難ルートを想定した道にある障害物をペットと共に体験してもらう)
*猫になってみよう
(手作りの猫耳ヘアバンドの配布)
人エリア
*○×マンクイズ
(防災士が仮装し防災クイズに答えてもらう)
*ポンチョづくり
(ビニール袋でポンチョづくり)
*備蓄記憶クイズ
(備蓄セットを用意して暗記して答える)
*親子ヨガ
*ドックヨガ

【実施主体】
防災士13名
新潟市動物愛護推進委員11名

新潟県支部 別府顧問講演が新潟日報に掲載

支部顧問別府茂氏の講演「災害多発時代の危機管理、食から視点」(新潟日報政経懇話会)が新潟日報20面上越に掲載されました。

niigata030316-1
掲載記事(pdf)はコチラからご覧ください

新潟県支部 新潟市小針中学校宿泊避難所運営訓練でNSTの取材

NST新潟県内ニュースで県支部新潟地区幹事の古俣防災士がインタビュー取材を受けました。

「防災合宿」で避難所運営をシミュレーション 中学生が「安心できる空間」考える【新潟小針中学校】
https://www.nsttv.com/news/news.php?day=20210311-00000009-NST-1.xml

県支部から伊丹防災士、長濱防災士、滝沢防災士が参加し、新潟市西区防災士の会と長岡市からも防災士が参加してました。

niigata030312- 1


==============(以下TVコメント)================
自分たちが被災したとき、安心して過ごせる避難所とはどういうものなのか、生徒がみずから避難所の設営と運営を体験する“防災合宿”が新潟市の中学校で行われています。
新潟市西区にある小針中学校の2年生は去年、関西への修学旅行で阪神淡路大震災について学ぶ予定でしたが新型コロナウイルスの影響で中止に。
その代わりとして、11日から1泊2日の“防災合宿”を行っています。
1日目は避難所の運営側と避難者に分かれてシミュレーションを行いました。
【松村道子キャスター】
「まもなく避難者の受け入れが始まるが、避難者の状況を聞き取ってどこに避難してもらうか判断するのもすべて生徒たちです」
運営側:「何に配慮してほしい」
避難者:「腰が悪いので、いすを用意してほしい」
【松村道子キャスター】
「こちらの家族は外国人で妊婦もいる設定です」
【避難所運営側の生徒】
「妊娠中で日本語の分からない方がいた。前の人(配置)を見たら、同じような方がいたのでその近くにした」
【小針中・防災学習担当 諸橋利香 先生】
「災害弱者といわれる人たちをどうするか、避難してきた誰もが快適な避難所生活ができるようにリアルな現場のセッティングを通して学んでいけるのではないか」
避難先の体育館では、家族単位で避難スペースを設けることに。
【生徒】
「着替えるときに周りから見えないようにするために高くした」
さらにはカーテン付きの窓がある避難スペースも用意しました。
【生徒】
「ダンボールの囲いだけだとつまらないと思って、窓やカーテンを作って少しでも楽にいられるようにしようと思った」
地域で活動する防災士もシミュレーションを見守ります。
【防災士 古俣和博さん】
Q.若者たちが防災に加わる意味は
「大きい。体の不自由な方の支援には体力がいる。大勢で力を貸してくれれば色々なことができる」

夜は2年生258人のうち、希望した85人が学校に宿泊します。
【松村道子キャスター】
「1泊2日の防災合宿に臨んでいる生徒たち。10年前は4歳でした」
【生徒】
「おばあちゃんが自分をかばってくれて、すぐに机の下にもぐった。とても揺れたことは鮮明に覚えている」
「あまり記憶はない。4歳の頃なので」
「この辺りも海に近い。日頃からの準備をしっかりすることを、この体験を通し知識としても身につけたい」

新潟県支部 2月27日佐渡市防災リーダースキルアップ研修がNHKニュース(新潟放送局)にとりあげられました

2021年2月27日の佐渡市防災リーダースキルアップ研修「地区防災計画作成のポイント」の様子がNHKニュース(新潟支局)に2分間とりあげられました。
コロナ禍で感染症対策をしっかり実施して、無事 盛況のうちに研修会を終えることができましたを報告いたします。
会場には、定員一杯の150名参加者と別室も設けてZOOM配信も行い総勢180名程の参加者となりました。
定員を上回る申込みがあり、佐渡市の「防災意識の高さ」や「地区防災計画への関心の高さ」がうかがい知ることができました。
後程、実施状況の様子は、レポート・ホームページ・Facebookにて公開いたします。
まずは、速報にてお知らせいたします。

※下記からニュースを数日間で見ることができます。(NHKオンライン)
https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20210228/1030015964.html
三角の再生ボタンを押すと動画が始まります。

niigata030227-1

niigata030227-2
講演者の古俣防災士からのレポート
レポート(pdf)はコチラからご覧ください

当日配布の資料PDF版(新潟県支部ホームページ 下段:支部公開資料)
https://sites.google.com/view/bousaishikai-niigata/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/%E8%B3%87%E6%96%99%E5%85%AC%E9%96%8B?authuser=0

新潟日報11面佐渡に掲載されました。
niigata030227-3
掲載記事(pdf)はコチラからご覧ください

新潟県支部 NHK新潟放送局による災害情報提供の研修会実施報告

 日本防災士会新潟県支部とNHK新潟放送局は、9月28日に「連携協力に関する協定」を締結しました。これを踏まえて、具体的な連携の方策として研修会を実施しましたので報告いたします。
 NHK新潟放送局の各部署を実質的に統括している副部長を当会にお招きして、「災害時の情報提供の実践演習やリポートのやり方など」をはじめ、他県放送局の事例紹介などを交えて研修を行いました。
同時配信で、オンライン研修(ZOOM)も実施いたしました。
 日時:11月14日(土)10:30~12:00
 会場:エヌシーイー株式会社 大会議室(新潟県支部事務局の所在地)
 講師:NHK新潟放送局放送部(報道、映像機材、アナウンス部署の副部長)
  一由副部長(防災士会との連携のあり方と他県事例紹介)
  涌井副部長(災害時の情報スクープBOXの投稿 実践演習)
  増田副部長(災害時のリポートの説明ポイント)
 参加:会場参加13名(事務局を含む) オンライン参加 12名
 ============当日プログラム============
 ①NHK新潟放送局と日本防災士会新潟県支部の協定について
 ②情報スクープBOXについて
 ③他県事例の紹介 災害・防災の映像や資料について
 ④今後の展開や情報交換など

niigata021114-1 niigata021114-2

niigata021114-3 niigata021114-4

新潟県支部 10月25日佐渡市新穂地区防災講演会報告書

下記について、実施しましたので報告いたします。

日時:10月25日(日) 10:30~12:00
場所:佐渡市トキのむら元気館
演題:「災害事後の『共助』のあり方」
   避難のあり方の転換と共助(要支援者対応)
講師:日本防災士会 副理事長 別府 茂 氏(新潟県支部顧問)
参加者:82名(うち佐渡市内支部会員防災士11名)
【感想】
・要支援者対応など、災害弱者への共助あり方について学ぶことができた。
・今後、災害に備えた共助、要支援者へのアプローチなどを再考する良い機会でした。
・災害関連死の多さなど避難後でも対策をしなければならないことがわかった。
・数値やデータ・表などに基づく説明で理論的でわかりやすかった。
・これまで講演回数500回を超える別府副理事長の講演は「抜群の安定感」(成川)

niigata021025-1

新潟県支部 NHK新潟放送局と「連携協力に関する協定」を締結

 NHK新潟放送局と日本防災士会新潟県支部の「連携協力に関する協定」について調印式を執り行いましたことを報告いたします。

日時:2020年9月28日(月)11時~
場所:NHK新潟放送局
NHK 出席:太田局長、東野副局長、安田放送部部長、一由放送部副部長
支部出席:西潟支部長、成川事務局長

      ※コロナ禍のためマスク着用での調印式(これも記念です)
niigata020928-1

niigata020928-2

niigata020928-3
協定書(pdf)はコチラからご覧ください

新潟県支部 「コロナ対応の避難所運営検討会」活動実施報告

 新潟県支部新潟地区幹事 古俣和博

 新潟市内の実際の避難所となる小学校を使用した「新型コロナウイルス感染症対策対応避難所運営検討会」を実施しましたので報告いたします。
 新潟県支部新潟地区幹事古俣防災士・佐藤明防災士、県支部会員狩谷防災士、高橋防災士、伊丹防災士、滝沢防災士、平井防災士、小西防災士が中心となり、「コロナ対応の避難所運営」を施設管理者や行政職員と一緒になって実際の避難所である小学校を使用して避難所運営検討会を実施しました。

【主催】
 新潟市坂井輪地区まちづくり協議会 防災部会

【実施内容】
 日時:令和2年7月12日 13:00~15:30
 場所:新潟市立坂井輪小学校
 内容:「新型コロナウイルス感染症対策対応避難所運営検討会」
 
【参加者】
 施設管理者:小学校の教頭先生
 行政:市健康福祉課6名、市総務課3名、社会福祉協議会2名
 防災士:市防災士の会8名(県支部にも所属)、県支部事務局 成川
 校区の避難所運営スタッフ(まちづくり協議会)27名

 実際の避難所で、受付の設置場所、避難者の仕分けコロナ患者の導線や避難者の占用面積などを確認しながら問題点や課題等を検討し、より実践的な避難所の運営のあり方検討していました。 実際の現場だとよりリアルな問題点や課題が多く見つかりました。
今週末には、実際の対策や「いつ、ダレが・何を・どうする」について話し合われる予定です。

niigata020712-1 niigata020712-2

niigata020712-3 niigata020712-4

niigata020712-5 niigata020712-6

niigata020712-7 niigata020712-8

新潟県支部 防災講演会を実施

2020年7月10日(金)佐渡市新穂地区防災講演会「新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた避難行動と避難所運営」を実施 本日の新潟日報に掲載されました。

3密を避け大きな会場で、入場者を自主防災会の役員に限定し、講演者はフェイスシールド・マスク着用して細心の注意をはらい講演しました。
(事務局長 成川、事務局 金子防災士の活動)

niigata020704-1
掲載記事(pdf)はコチラからご覧ください
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 イベント コミュニティー 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 協定 被災地支援 総会 訓練指導 連携 女性 研修指導 支部総会 DIG 避難所 支部会議 HUG 支部設立 セミナー 女性防災士 受賞 訓練HUG 自主防災組織 地区防災計画 支部活動 実技指導 法人化 避難 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR