FC2ブログ

兵庫県支部 稲美町防災講演会にて指導

hyougo251227-2
事業部   

ため池の多い稲美町では、日ごろから防災意識向上に向けて取り組んでいるが、災害の多様化により、今以上に意識向上を図るため防災講演会を開催。初の試みとして、講演会終了後、参加者の退場に併せて一斉避難訓練を実施。

 【日 時】平成29年10月1日(日) 13時30分~15時30分
 【場 所】いなみ文化の森 コスモホール
 【内 容】稲美町防災講演会 ~そのとき命を守る~
       ・会場前にて防災展示(防災士被災地支援活動パネル、備蓄品展示)
       ・防災士による「避難行動」説明、シェイクアウト訓練
       ・基調講演「想定を超える災害にどう備えるか」
         講師 兵庫県立大学環境人間学部准教授 木村玲欧氏
       ・参加者一斉避難訓練
 【参加者】自主防災組織、自治会、消防団
 【防災士】3名

 講演会前に、大勢の人が集まる場所での避難の注意点や確認事項などを防災士から説明。その場でシェイクアウトの体勢を練習するなど、命を守る初動を指導。その後、兵庫県立大学環境人間学部准教授の木村玲欧先生による講演「想定を超える災害にどう備えるか」が行われた。講演会終了後に緊急地震速報が鳴り響き、参加者は身を守りながら会場の外へ避難。防災士は、安全確認と誘導を行った。
 冒頭にシェイクアウト訓練を行ったが、実際に緊急地震速報が鳴っても7割の参加者が身を守る行動をとらずに退席していたのが残念だった。しかし、これを機に様々なイベント会場などで繰り返し行うことにより、意識を高めて真剣に訓練に取り組んでもらえることを期待したい。
 
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo291001-1

hyougo291001-2

hyougo291001-3

hyougo291001-4

兵庫県支部 浜坂中学校全校一斉防災訓練指導

hyougo251227-2
事業部   

兵庫県防災士会事業部が企画提案している「中学校防災訓練プログラム」の情報を知り、「避難だけの訓練ではなく実動訓練をしてみたい」との相談を受けて、初めて浜坂中学校で防災士が指導する実動訓練が実施されました。

 【日 時】平成29年9月27日(水) 13時55分~15時35分
 【場 所】新温泉町立浜坂中学校
 【参加者】全校生徒、教職員 約250名
 【指導者】防災士6名

 1年生は災害前訓練としてグラウンドでの土嚢作りを予定していましたが、雨足が強くなったため、学校側の判断で急遽室内での訓練に変更。土嚢の必要性と積み方などを説明した上で、土嚢袋の縛り方を全員で体験。その後、災害時のシミュレーションとしてクロスロードをし、災害時のジレンマなどをみんなで考えてもらった。
 2年生は発災直後の訓練として初期消火訓練を実施。消火器の使い方を覚えるのも大事だが、大きな声を出して周りに知らせることも重要とし、まずは大声で「火事だー!!」と叫んでから消火。声が小さいチームには、何度も声出しをさせることで生徒全員が盛り上がり、見学者が応援するなど一体感のある訓練となった。
 3年生は被災後の訓練として避難所開設訓練を実施。大地震で命が助かった後、日本海津波が来ることも想定して高台の学校に住民が避難して来ると仮定。避難所での不便な生活をよりよくする工夫や、いち早く学校が再開できるように自分たちで事前に準備するものや地域で何が出来るかを考えてもらった。
※学校側の反省会資料・・・別紙参照
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290927-1

hyougo290927-2

hyougo290927-3

hyougo290927-4
反省会資料はコチラからご覧ください

兵庫県支部 荒井中学校全校一斉防災訓練指導

hyougo251227-2
事業部   

兵庫県防災士会事業部が企画提案している「中学校防災訓練プログラム」を初年度(平成26年)から継続している高砂市立荒井中学校の防災訓練が実施されました。今年度も、東播磨県民局委託事業の「ジュニア地域防災スクール」の出前講座として実施し、12名の防災士を派遣した。

 【日 時】平成29年9月22日(金) 13時20分~15時15分
 【場 所】高砂市立荒井中学校
 【参加者】全校生徒、教職員 約500名
 【指導者】防災士12名

 1年生は災害前訓練として土嚢作りとロープワークを実施。雨の中、土嚢の重さを体感しながら、結び方や置き方を練習。ロープワークは、本結び、もやい結びなどの基本を教わった。
 2年生は発災直後の訓練として搬送訓練と応急手当訓練。棒と毛布での担架作成を行ったのち、徒手搬送で実際に仲間を搬送するなど安全面を重視して行った。応急手当も、自分が身につけているものなどを利用し、止血・包帯法を練習した。
 3年生は被災後の訓練として避難所開設訓練を実施。1年生の時からそれぞれの訓練項目を体験してきた3年生には、命が助かった後、避難所での不便な生活をよりよくする工夫や、いち早く学校が再開できるように自分たちで事前に準備するものを考えてもらった。
 初年度から継続して実施してきたことにより、今年の春には防災の知識と技術を身につけた荒井地域の子どもたちが高校生となって地域外へ羽ばたいて行った。その知識を活かして今後も他地域での防災リーダーとして活躍してくれることを期待しています。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290922-1

hyougo290922-2

hyougo290922-3

hyougo290922-4

hyougo290922-5

hyougo290922-6
神戸新聞掲載記事

兵庫県支部 平成29年度兵庫県丹波地域合同防災訓練

hyougo251227-2
事業部   
 兵庫県では、御所谷断層を震源とする直下型大規模地震の発生を想定し、関係機関・団体・自主防災組織等が相互に連携した実動訓練に加え、要援護者支援訓練に重点をおいた住民参加型訓練を実施しました。
 【日 時】平成29年9月3日(日)  9:00~12:00
 【場 所】篠山市会場  篠山城跡三の丸広場、篠山小学校 
     丹波市会場  スポーツピア市島 ほか
 【参加者】兵庫県、丹波市、篠山市、関係市消防機関、自衛隊、近畿地方整備局
     兵庫県警察、日本赤十字社兵庫県支部、兵庫県災害医療センター、
     兵庫県医師会、兵庫県看護協会、兵庫県国際交流協会、
     兵庫県栄養士会、兵庫県トラック協会、ヤマト運輸(株)、
     日本レスキュー協会、ライフライン関係機関、兵庫県防災士会、
     篠山市社会福祉協議会、自主防災組織 等
 【指導者】防災士 4名
 【訓練内容】 
     実動訓練
      ○ 被害状況(上空)調査訓練
      ○ 道路啓開訓練
      ○ 現地対策本部設置運営訓練
      ○ 救出救助(倒壊家屋、車両)訓練
      ○ 救護所設置運営訓練(DMAT)
      ○ 負傷者広域搬送訓練
      ○ ヘリコプター救出救助訓練
      ○ 孤立者救助訓練
     災害時要配慮者対策訓練
       ○ 災害時要配慮者避難訓練(シェイクアウト訓練含む)
        *福祉避難所までの避難及び福祉施設入居者による避難訓練
       *個別支援計画に基づく避難訓練
      ○ 福祉避難所(福祉避難スペース)開設・運営訓練
     避難所開設・運営訓練
       ○ 救急災害医療訓練(JMAT)
       ○ 避難所物資搬送訓練
       ○ ペット同行避難訓練
       ○ ボランティアセンター設置運営訓練
       ○ 炊き出し訓練
     広域物資搬送訓練
       ○ 広域防災拠点からの物資搬送訓練
       ○ 民間事業者による避難所までの物資搬送訓練
       ○ 隣接府県(京都府福知山市)からの応援受入訓練 
      その他
       ○ 地震の揺れ体験(起震車)
       ○ 煙避難体験、災害対応車両等展示、展示ブース


 兵庫県防災士会は、社会福祉協議会職員、市職員にダンボールベッドの作り方を指導し、避難所開設訓練を実施。その後、ブース出展や見学者への避難所のアドバイス等を行った。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290903-1

hyougo290903-2

hyougo290903-3

hyougo290903-4

兵庫県支部 労働組合「災害ボランティアスクール」

hyougo251227-2
事業部   
 【日 時】平成29年8月26日(土)  10:00~12:00
 【場 所】相生市立総合福祉会館 多目的ホール
 【参加者】相生労働者福祉協議会 加盟組合員、家族
 【指導者】防災士 2名   
 【内 容】第1部 防災講話「災害と避難所について」
     第2部 救出救助訓練、企業避難所開設訓練、非常食作り、試食
       
 大規模災害が起きたとき、企業の資機材や人材、場所の提供が大きな力となることを2005年4月25日に発生した「JR福知山線脱線事故」を例として説明し、実際にどんな支援が出来るのかを親子で体験してもらった。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290826-1

hyougo290826-2

hyougo290826-3

hyougo290826-4

兵庫県支部 氷丘中学校 教職員 防災研修会

hyougo251227-2
事業部   
 【日 時】平成29年8月21日(月)  10:30~12:00
 【場 所】加古川市立氷丘中学校
 【参加者】氷丘中学校 教職員
 【指導者】防災士 1名   

兵庫県防災士会事業部の提案した中学校防災教育プログラムを2年実施したことから、その中で職員が気づいたことや、今後、取り組まなければならないことなどについての意見を出し合い、3年目の訓練に向けて職員間の情報の共有を図った。
 
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290821-1

兵庫県支部 子どもたちが考えつくる「避難所設営」

hyougo251227-2
事業部    
 【日 時】平成29年8月5日(土)13:30~8月6日(日)7:00
 【場 所】姫路市立船場小学校
 【参加者】船場小学校生徒、PTA、おやじ塾、消防団
 【指導者】防災士、PTA
 【内 容】避難所設営体験、水難救助訓練、炊き出し訓練、防災紙芝居ほか

子どもたちが通う小学校が避難所になったとき、「あなたたちならどんな避難所にしたいですか?」との問いかけから始まり、学校にあるものを使って寝床を作ったり、身のまわりのものを新聞やダンボールで作るなど、子どもたちの自由な発想で「楽しく明るい避難所」をめざし、1泊体験をしました。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290805-1

hyougo290805-2

hyougo290805-3

hyougo290805-4

兵庫県支部 マンション住民の防災訓練指導

hyougo251227-2
事業部   
 14階建てマンションが4棟ある藤和東加古川ハイタウンにて、防災訓練&防災キャンプを実施。例年行われている消防訓練(避難訓練、放水訓練)に、今年度は初めて防災キャンプを取り入れ、親子連れで災害について考える1日となった。

  【日 時】平成29年7月29日(土)  10時00分~翌朝9時00分
  【場 所】藤和東加古川ハイタウン
  【参加者】藤和東加古川ハイタウン住民
  【指導者】防災士 2名   

 消防訓練では非常階段を使った避難訓練や、初期消火を体験し、消防職員による消防車での放水訓練も行われた。避難を体験した後は、事前の備えについて、家具固定や備蓄品、段ボールベッド、高齢者の避難方法、災害用伝言ダイヤルなどの防災学習をした。マンションの住民が全員避難所に入れる見込みがないため、避難所へ行かずに自力で生活することが出来るよう、敷地内の芝生広場でテントを張り、野外での炊き出しや宿営体験を行った。
(文責 横山恭子)

特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290729b-1

hyougo290729b-2

hyougo290729b-3
訓練次第はコチラからご覧ください

兵庫県支部 ラジオ体操&楽しく学ぶ防災教室

hyougo251227-2
事業部   
 兵庫県東播磨県民局の委託事業「ジュニア・地域防災スクール」の出前講座として、加古川市粟津町内会にて「ラジオ体操&楽しく学ぶ防災教室」を実施。「子どもたちも参加できる防災訓練をしたい」との相談を受け昨年度から始めた企画で、子どもや地域住民など約100名が集まる「夏休みラジオ体操」にプラスして、防災講話や炊き出し訓練を行った。
  【日 時】平成29年7月29日(土)  6時30分~8時00分
  【場 所】加古川市 粟津神社
  【参加者】加古川町粟津の住民、その他近隣住民 約100名
  【指導者】防災士 1名   

  最近、朝食を食べない子どもたちが増えていることから、ラジオ体操後に非常食の試食をし、食の大切さと避難所での生活についての話をしました。「訓練に子どもが参加しないのではなく、子どもたちが集まる場所で訓練をしましょう」とアドバイスしたことにより、訓練の参加人数も増え、町内会では一度も行ったことがなかった炊き出し訓練も実施することが出来るようになりました。今年度は、近隣住民も参加され、他の地域への展開も期待できそうだと役員の皆様から嬉しいお言葉もいただきました。

加古川粟津自主防災HP  
http://www.geocities.jp/awazu675/bosaikurabu29d.htm
 
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会


hyougo290729-1

hyougo290729-2

兵庫県支部 志染中学校職員防災研修

hyougo251227-2
北播エリア   
2年前に生徒対象の避難所運営図上訓練をした三木市立志染中学校から「職員も覚えておくべきことなので職員研修で図上訓練の指導をしてほしい」と依頼があり、避難所運営図上訓練と市から配布されている避難所運営キッドの説明などをおこなった。
    
 【日 時】平成29年7月24日(月) 9:00~12:00
 【場 所】三木市立志染中学校
 【参加者】教職員、事務職 15名
 【指導者】兵庫県防災士会 北播エリア 3名  事業部 1名

生徒数の少ない学校で、山間部に位置しているため、避難所開設されても避難してこ
られる方が少ないだろうという気持ちが職員の中にも多くあり、災害についての知識や経験のない若い職員が増えたことに学校側の焦りも見られた。図上訓練を通して学校の備えについてあらためて検討しなければいけないことがわかったとの感想もいただけ、今後の学校防災マニュアルの見直しや、生徒・地域への防災教育のあり方を検討する第一歩となった。
(文責 横山恭子)
特定非営利活動法人兵庫県防災士会

hyougo290724-1

hyougo290724-2
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 講演 訓練 イベント コミュニティー 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 協定 被災地支援 総会 訓練指導 連携 女性 研修指導 支部総会 DIG 避難所 支部会議 HUG 支部設立 セミナー 女性防災士 受賞 訓練HUG 自主防災組織 地区防災計画 支部活動 実技指導 法人化 避難 

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR