広島県支部 支部会報 第85号を発行

hiroshima290320-1
支部会報はコチラからご覧ください

<支部会報概要>
・広島県支部総会のご案内
・広島県支部旗ができました
・常任理事会、理事会へ支部長が出席
・第4回スキルアップ研修会in廿日市市 他

横浜支部 防災士よこはま 第15号を発行

yokohama290212-1
防災士よこはまはコチラからご覧ください

<防災士よこはま概要>
・NHK学園CSネットワーク神奈川「防災研修会」報告 他

千葉県北部支部 第17回 JAPANドラッグストアショー

平成29年3月18日(土)、19日(日)、幕張メッセにて「第17回 JAPANドラッグスト
アショー」が開催され、防災ブースにて千葉県北部支部とBCNが共同して出展・
実技講習・地震体験を行いました。このドラッグストアショーは来場者数が13万
人とまさに桁違いの来場者数で想像ができません。実際に参加してみて、大きな
会場が人・人・人で埋め尽くされ全容がまったくつかめない状態でした。
一日目は心肺蘇生法とAEDの使い方で約320名の参加者、地震体験で672名と、こ
れまでの一日の体験者数としては最高人数となり、特に起震車は機械休憩がほと
んどなかったため機械的にもハードになってしまいました。二日目は途中1時間
の休憩をはさみ、心肺蘇生法とAEDの使い方で約200名の参加者、地震体験は538
名と、一日目よりは少ないもののものすごい人数でした。二日間で総計1730名の
方に防災体験いただいたことは、こちらとしても良い経験になりました。(スタ
ッフ数は延べ24名)
私どものブースの近くに「太田胃酸」のブースがあり、そこにゆるキャラの「太
田胃にゃん」がいて地震体験をしてもらいました。階段を上がるのもやっとでし
たが、みごと体験いただき、その様子は撮影会さながらといった様相でした。

日時:平成29年3月18日(土)19(日) 10:00-17:00
場所:千葉市幕張メッセ
来場者:一般13万人
体験者:2日間合計1,730名
スタッフ:防災士延べ24名
内容:救命講習(マネキン8体、訓練用AED8個)、地震体験

chibakita290318-1 chibakita290318-2

chibakita290318-3 chibakita290318-4

chibakita290318-5 chibakita290318-6

chibakita290318-7

大阪府支部 活動の報告

大阪府支部北摂ブロック活動のお知らせ
大阪府支部副支部長兼北摂ブロック長
重本 健治

大阪府箕面市 官・民合同一斉1・17防災訓練行事で箕面市民安全政策より北摂防災士に防災講演の依頼を受け、重要な公的避難所の運営トラブルにつき重本が阪神大震災で実体験した事を箕面市市立南小学校自主防災会場で講演致しました。

osaka290117-1 osaka290117-2 osaka290117-3

osaka290117-4 osaka290117-5 osaka290117-6

osaka290117-7 osaka290117-8

同会場で、重本が阪神淡路大震災で実体験しました半袖搬送器具作りも箕面市民参加者と箕面市職員合同で作成訓練いたしました。
平成29年1月17日箕面市立南小学校会場
会場には全参加者-32名

osaka290117-9 osaka290117-10 osaka290117-11

osaka290117-12 osaka290117-13 osaka290117-14

osaka290117-15

定例会議 北摂ブロック 7市3町防災情報連絡会議
毎回 新情報を各代表防災士より発言頂きスキル共有。
平成29年1月29日摂津市コミュニティプラザ会場
全参加者-10名

osaka290117-16 osaka290117-17

北海道支部 啓蒙活動報告

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告 (啓蒙)      

ほっかいどう防災ひろば inチ・カ・ホ

開催日時 平成29年3月12日(日) 10:00~
開催会場 札幌市中央区 札幌駅前地下歩行空間
主催者  北海道防災教育協働ネットワーク(開発局・気象台・北海道・他)
参加者  地下道を行き来する、道民・市民を対象とした。
 ※北海道防災士会が協力団体として参加・・・代表 横内春三を
「東日本大震災から6年・・・災害教訓を未来へ繋ぐことについて」

hokaido290312-1 hokaido290312-2

hokaido290312-3

hokaido290312-4

北海道支部 ラジオ放送番組「東日本大震災から6年」

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告(広報)      
  「東日本大震災から6年」現地ボランティア活動について

放送日時 平成28年3月10日(金)  14:10~14:25分 (15分間)
放送場所 北海道放送(HBC)ラジオ放送番組(札幌市中央区)
出演者  北海道防災士会 代表 横内春三
放送内容 被災現地を見て、ボランティア活動で気付いた事など。

hokaido290310-1

hokaido290310-2

北海道支部 HUG(北海道版)「Doはぐ」体験指導

hokaido280924-9.jpg北海道防災士会 活動報告
  これからの災害への備えと対策(北海道を襲った台風を気象学から見る)

開催日時 平成29年3月4日 10時~15時、
        (Doはぐ担当12:30~15:00)
開催場所 十勝支庁 池田町西部地域コミニュティセンター
参加者等 池田町民等100名(役場職員、社協・連町などの地域町民)
開催団体 ふれあいたすけあいのつどい実行委員会、池田町社会福祉協議会
講演団体 ①気象庁帯広測候所~十勝地方における近年の気象障害について
     ②北海道防災士会 ~HUG(北海道版「Doはぐ」体験指導
     代表 横内春三(北海道防災教育アドバイザー)他地域防災士

hokaido290304-1 hokaido290304-2

hokaido290304-3 hokaido290304-4

hokaido290304-5

奈良県支部 タイムラインの考え方による住民の災害対応訓練

 平成29年3月4日(土)、近鉄奈良駅前、奈良商工会議所において日本防災士会主催のスキルアップ研修が行われました。福井県からの参加者も含め56名の防災士が参加しました。
 平成26年広島、27年常総市、28年台風10号など温暖化により年々増加する豪雨災害に備えるための、タイムラインという考え方の災害対策訓練で、台風発生から、洪水発生までにいつ、何をすべきかを8班に分かれて、検討しました。班ごとの発表に対して、日本防災士会 橋本 茂 事務統括の適切なアドバイスがあり、いきなり起こる地震とは違い、早めの避難などで犠牲者を出さない対策の大切さを学びました。

nara290304-1

nara290304-2

nara290304-3

nara290304-4

千葉県北部支部 船橋市湊中学校救命講習

平成29年3月3日(金)、千葉県船橋市立湊中学校において、3年生全員を対象とし
た救命講習を千葉県北部支部とBCNのメンバーで行いました。湊中学校は防災に
大変積極的で、3年生においてはこれまでの集大成として胸骨圧迫とAEDは全員出
来るようになって卒業するという校長先生のご意向を受けて、私どもが3年生118
名に対し4人に1体のマネキンと訓練用AEDを用いて、前半は1,2組15班、後半は3,
4組15班でそれぞれの班に1名の防災士がついて指導を行いました。
講習方式としてはPWW法を用いて一斉に説明を聞き、動画を見ながら学習する訓
練形式です。4人に1体のマネキンがあるためすぐに順番が回ってきて、生徒たち
は慌てながらもしっかりと胸骨圧迫を行っていました。講習の最後は「8分間の
体験」を行いました。救急車が到着するまで平均約8分。4人が1組になって反応
の確認から助けを呼び、呼吸の確認、胸骨圧迫、AEDと続けながら8分という長い
時間を体験し、救急隊員に引き継ぐまで続けるという本番さながらの訓練は大変
効果があったと思います。中には左手をけがしていた生徒もいましたが、片手で
胸骨圧迫をするなど、みんなが真剣に取り組んでいたのが印象的でした。今回の
訓練で彼ら、彼女らは本当に命を救えると確信したと同時に生徒たちも自信が付
いたと思います。

日時:平成29年3月2日(金) 9:45-12:00
場所:船橋市立湊中学校
対象:中学3年生118名
講師:平山裕子 防災士
スタッフ:防災士19名
内容:救命講習(マネキン16体、訓練用AED16個)

chibakita290303-1 chibakita290303-2

chibakita290303-3 chibakita290303-4

chibakita290303-5 chibakita290303-6

富山県支部 会報 第17号を発行

toyama290301-1
会報はコチラかご覧ください

<会報概要>
・H28年度研修会『2016熊本地震と富山』
・会員相互勉強会『企業の防災対策とBCP』『災害発生時の医療体制について』
・会員紹介
・ジュニア防災フェスティバル
・富山防災士会10周年記念式典について
・お知らせ 他

奈良県支部 広陵町馬見中2丁目防災セミナーフェア

平成29年3月5日(日)、広陵町馬見中2丁目集会所において馬見中2丁目防災セミナーが行われ55名の皆さんが参加されました。消火訓練の後、防災士3名が防災紙芝居、新聞紙スリッパ、ごみ箱作りなどを行いました。その後マジックショウもあり楽しい防災セミナーになりました。

nara290305-1

nara290305-2

奈良県支部 奈良市富雄南地区HUG訓練

平成29年2月26日(日)富雄南公民館において、奈良市富雄南地区自主防災防犯会主催の避難所運営ゲーム(HUG)が行われ、地区自治会役員さん40名が参加されました。
 グループ分けやカードの読み手は、富雄南の会長が予め設定されていましたので、全員迷うことなく配置につかれましたが、逆に役割分担の設定が難しいグループがあり、リーダーの必要性やリーダーが避難所に来られないときの臨機応変な対応が難しいなど、課題が明確になりました。

nara290226-1

nara290226-2

nara290226-3

nara290226-4

千葉県支部 「千葉市NPO大賞市民賞」を受賞

この度、千葉市主催のNPO活動大賞で「千葉市NPO大賞市民賞」を受賞しました。

(以下資料より抜粋)
「千葉市N PO 活動⼤賞・市⺠賞」受賞!

地域に密着した、市⺠目線活動で高評価
― コミュニティーコミュニケーションー

NPO法⼈千葉県防災⼠会(日本防災⼠会千葉県⽀部・ 藤橋政範⽀部⻑)が、平成28年度千葉市NPO活動大賞で「NPO活動市民賞」(市民による投票により得た得票数が最も多かった活動)を受賞し2 月23日に千葉市中央コミュニティセンターで表彰式が⾏われ、松野事務局⻑、荒監事2 名が代理出席しました。
 千葉市は、市内における特定非営利活動を促進することや、特定非営利活動の知名度を向上することなどを、目的として同賞を設⽴。⼀般市⺠の投票と有識者による評価をもとに受賞団体を決定し、表彰している。

chiba290303-1
資料はコチラからご覧ください

徳島県支部 支部会報 第3号を発行

tokushima290301-1
支部会報はコチラからご覧ください

<徳島県支部会報第3号概要>
・総合水防演習に参加
・会員のすご技紹介
・研修会の案内
・役員会の動向
・その他

東海地方支部連絡協議会 新たなDIGへの取り組みを開催

 東海支部連絡協議会との共催により、深化するDIG(災害図上訓練)の手法についての研修会が開催されました。

日時 : 平成29年2月25日(土)13:00~16:30
会場 : 日本防災士会愛知県支部(東特会館4階 会議室)(愛知県名古屋市)
講師 : 清水俊雄・日本防災士会全国講師
内容 : 班別ワークショップ
参加者:73名

toukai290225-1

toukai290225-2

千葉県北部支部 スキルアップ研修会

平成29年2月19日(日)、千葉県船橋市中央公民館において、当支部主催のスキル
アップ研修会を行いました。今回は支部会員を対象とした18名の参加でしたが、
初めて参加される方もいて有意義な研修会になりました。
身近な物で行う応急手当では副支部長の谷防災士が救急隊の時の事例を交えて詳
しく説明を行い、全員で実演を行いました。最近身近な物を用いた防災活用を行
う活動が増えていることから、今回はこれを重点に応急手当の他、新聞スリッパ
や紙コップ作りも行いました。また、ロープワークも特に自治会からの要請が多
く、短い時間でしたが復習を行い、それぞれが一定程度のスキルを持ち、さらに
その指導方法もできるだけ統一するよう配慮するなど、今後の活動における意思
統一を図る目的で行いました。
活動が増加して日程が取れない状況ですが、スキルアップを行い技術を身に着け、
活動でそれを発揮し、反省点をフィードバックするという流れができつつあるよ
うに思います。

■ スキルアップ研修会
日時:平成29年2月19日(日) 15:00-17:00
場所:船橋市中央公民館第9集会室
対象:北部支部会員18名
内容:身近な物を利用した応急手当、防災活用、ロープワーク

chibakita290219-1

chibakita290219-2

chibakita290219-3

chibakita290219-4

chibakita290219-5

奈良県支部 広陵西小学校区防災訓練

平成29年2月19日(日)、広陵町西小学校において、西小学校区地区防災訓練が行われ、地区のみなさん約350名が参加され、避難訓練の後、日本建築家協会の森岡茂夫氏の防災講演、AED,消火訓練、煙体験などを行いました。防災士会から7名の防災士が参加し、家具転倒防止、防災紙芝居を担当しました。また、広陵町防災士ネットワークが防災カマド紹介、炊き出し、備蓄品紹介を行いました。

nara290223-1

nara290223-2

nara290223-3

千葉県北部支部 千葉県船橋市 宮本小学校防災発表会

平成29年2月14日(火)、千葉県船橋市立宮本小学校において、小学6年生による防
災発表が行われ、当支部のメンバーが参加し各教室においてコメントを行いまし
た。宮本小学校のこの6年生は5年生の時から足掛け2年にわたって防災学習支援
を行ってきた関係で、今回はその集大成としての発表会です。これまで勉強して
きた内容を簡潔にまとめて各クラス各グループでの発表です。防災士はそれぞれ
のクラスに配置され、発表後の総括を行いました。
宮本小学校は防災教育に力を入れており、特に担当の黒田先生は防災知識も豊富
で命の大切さを心得ている優秀な先生です。その先生の指導のもと、子ども達が
熱心に防災に取り組み、私ども防災士がバックアップする体制です。防災マップ、
家庭での備え、避難所、応急手当、安否札、防災すごろくなど、発表は時間の関
係で1グループ5分にも満たない時間でしたが、深く掘り下げて十分学習したこと
がうかがえる内容でした。

■ 宮本小学校防災発表会
日時:平成29年2月14日(火) 13:55-14:40
場所:船橋市立宮本小学校
対象:小学6年生全生徒
内容:小学6年生による防災発表会+参観日

chibakita290214-1

chibakita290214-2

chibakita290214-3

chibakita290214-4

千葉県北部支部 千葉県船橋市 法典3丁目町会防災訓練

平成29年2月12日(日)、千葉県船橋市の法典公民館において法典3丁目町会防災
訓練が行われ、千葉県北部支部とBCNが共同で支援を行いました。
内容は起震車による地震体験のみですが、訓練の一環として地震体験の前に消防
署による救命救急の講習が行われました。
地震体験は東北地方太平洋沖地震の波形を基にした最大震度7を経験いただきま
したが、「これでは家がもたない」「なにもできない」と驚きの声を隠せず、良
い経験をしたので何か対策を考えたいと言っていただける方もいました。計58名、
内子ども達が10名ほどいて、和気あいあいの中でしっかりと体験学習を行ってい
ただきました。

■ 法典3丁目町会防災訓練
日時:平成29年2月12日(日) 14:30-15:30
場所:千葉県船橋市法典公民館駐車場
参加:58名
内容:起震車による地震体験(東北地方太平洋沖地震75秒バージョン)

chibakita290212-1

chibakita290212-2

chibakita290212-3

横浜支部 防災士よこはま 第14号を発行

yokohama290122-1
防災士よこはまはコチラからごらんください

<防災士よこはま概要>
・鹿島田商店街防災フェア参加報告 他
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 コミュニティー 支部会報 研修 イベント 講演 教育 訓練 勉強会 現地活動 指導 HUG 支部総会 訓練指導 DIG 協定 自主防災組織 女性 総会 HUG 受賞 法人化 避難所 連携 実技指導 セミナー 被災地支援 研修指導 支部活動 支部会議 女性防災士 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR