FC2ブログ

北海道支部 保育園職員の防火設備・防災対応

hokaido280924-9.jpg hokaido190705-1活動報告 北海道防災士会【№ 207】 

 1 開催日時 令和元年9月19日(木)
          19:00~20:00
 2 開催会場 札幌市白石区菊水元町保育園園舎
 3 開催団体 藤美福祉園及び系列保育園hokaido190919-1
 4 開催概要 保育園施設を活用、防火防災施設体験
 5 参加者等 系列保育園の職員30名 災害対応体験
 6 指導者等 北海道防災士会 役員指導(横内、後藤)

hokaido190919-2

hokaido190919-3

岡山県支部 第48回全国消防救助技術大会に参加

2019年8月25日第48回全国消防救助技術大会において岡山県支部はブース出展をさせていただきました。
防災グッズや非常食の展示のほか救助捜索ドローンの展示、パネル展示を行いました。
消防の方、地域の方々も大勢ブースに立ち寄っていただき「とても参考になった」とお言葉をただきました。

okayama190825-1

okayama190825-2

okayama190825-3

okayama190825-4

okayama190825-5

富山県支部 「第6回 富山県女性防災士の集い」開催について

 「第6回富山県女性防災士の集い」を下記の日程で開催いたします。
地域防災力向上のために、家庭の中の自助そして地域における共助を推進していくために、「地域防災のネットワーク作りを考えよう!」というテーマで情報交換します。
 また、午後一般の方々も参加の公開イベントとして、全国でご活躍中の あんどうりす氏 の特別講演を予定。「災害から大切な家族を守るために暮らしの中に防災を!」一緒に考えませんか。

1 日時  10月13日(日曜日)

2 場所  大沢野生涯学習センター 4階大ホール (グループワークは2階会議室)
                   〒939-2254 富山市高内365 
                   電話番号 076-467-1171

3 日程  (1)10時30分~11時45分  ワークショップ (情報交換) 2階会議室
           ・「Nプロジェクトひと・みち・まち」の活動紹介
           ・グループトーク「地域防災のネットワーク作りを考えよう!」
           ・女性防災士対象
      (2)13時~15時30分 特別講演  4階大ホール
           ・演題 「今日からできる家庭の中の備え」
           ・講師  あんどう りす 氏
           ・一般公開
      (3)12時~16時「暮らしの中に防災を!~大切な家族を守るために~」 
           ・同会場で女性防災士による啓発ブース
           ・一般公開
4 参加料  無料

5 その他 主催:NPO富山県防災士会・
       :NPO法人Nプロジェクトひと・みち・まち
     共催:富山市
     後援:NHK富山放送局 北日本放送
       :北日本新聞社 富山新聞社 はっぴーママ富山
 
toyama191013-1
資料はコチラからご覧ください

北海道支部 会員所属の事業所活動(植村建設)

hokaido280924-9.jpg hokaido190705-1活動報告 北海道防災士会 【№206】 

1 開催日時 令和元年9月9日(月) 救急の日
2 開催会場 赤平市 安全の駅 (植村建設)
3 主催者等 植村建設㈱、共催北海道防災士会
hokaido190909-14 開催概要 地域市民、近隣の小学生・高校生など
 ※防災・防火・救命・交通安全等訓練、体験指導
5 参加者等 児童・生徒・市民・関係者300名
6 指導者等 参加機関、従業員、防災士等15名

hokaido190909-2

hokaido190909-3.

愛媛県支部 ⭐️HUG(避難所運営ゲーム)研修を開催❗️

2019年9月16日、日本防災士会愛媛県支部よる、HUG(避難所運営ゲーム)研修会を開催しました。

県内の防災士約70名が参加し、避難所運営の模擬体験をしました。

防災士が災害時の避難所運営をしっかりと行えるよう、今後も日本防災士会としてスキルアップ研修に取り組んでまいりたいと思います。

ehime190916-1

ehime190916-2

千葉県北部支部 9/14(土) 野田市立岩木小学校防災講演(千葉県野田市)

令和元年9月14日(土)野田市立岩木小学校体育館において、学校教職員、PTA、自治会会長、防災会長、地域各役員等による、「学校と地域をつなぐ懇親会」が行われ、付帯しての防災講演及びデスッカッションのコメント依頼をお受けし、千葉県北部支部が支援致しました

皆さん防災の基本は熟知とのこと故「被災地支援活動実体験に基づく教訓~命の尊さ、生き残る対策~」の講演依頼です。
先ず先日支援活動した千葉県鋸南町の被害状況を報告した上で、自然災害が皆さんに降りかかるかもしれない恐ろしさをお伝えしました。防災マニュアルの基礎知識と、実体験に基づく実例の実態の格差を懇々と訴えました。
危機感を訴え(自分の命を守れるのは自分だけ)、暫定的何すればでなく私はこうしますと講義致しました。

グループ討議し、色々な発表されました。
[防災関連] 抜粋
・地区で水タンク用意
・他の地区との交流会
・備蓄安全の見直し
・即行動の徹底
・手回し懐中電灯備え
・防災士推薦ペットシートトイレ練習したい
・防災身の回り品活用したい(レジ袋他)
・車のジャッキ保管する
・停電対策保冷剤貯める
・避難場所確認しておく
・避難所確認しておく
・リーダー決めておく
・危機感が不足していた
・本気で命を守ることを考えたい
[質問事項]
1.災害時学校の担任教師は、教室を離れて避難経路の安全確認に行っても良いのか
2.発災後避難所の開設はいつ決まるのか
防災士としてのコメント致しました。
色々な活発意見が飛び交い、これぞ地域密着型防災と感じ取れました。次回依頼を含め今後共協力して行きたいと思います。
加藤校長先生、石井教頭先生お気遣いありがとうございました。

日時:令和元年9月14日(土) 14:00-15:30
場所:野田市立岩木小学校体育館
参加:教職員・PTA・自治会長・防災会長・地域各役員等 約150名
講師:小椋養一副支部長
指導:石田健防災士
指導:青山久子防災士
内容:講演:被災地支援活動実体験に基づく教訓~命の尊さ、生き残る対策~及びデスッカッションコメント

chibakita190914-1

chibakita190914-2

chibakita190914-3

千葉県北部支部 9/13(金) 鋸南町ボランティアセンター立ち上げ指導(千葉県安房郡鋸南町)

今回、今後防災指導する旨、交流の有る鋸南町社会福祉協議会より直接中村利孝副支部長に、未経験のボランティアセンター立ち上げを一からの指導要請があり、お受け致しました

令和元年9月13日(金) 日本防災士会千葉県北部支部にて、ボランティアセンター立ち上げを指導致しました。
中村利孝副支部長総指揮下の方針、方向性に基づき行いました。
1、高場防災士より
茂原市社会福祉協議会災害ボランティアセンター運営マニュアルの書式に従い指導致しました。
2、高崎防災士より
厳選された各地域のボラセン立ち上げ資料に基づき各災害時状況、留意点対応を指導致しました。
3、小椋防災士より
実体験に基づきボランティア受け入いれに生じる注意問題点を、事前に把握する意味合いを含み、お話し致しました。

指導後直ぐ鋸南町役場2階にて、ボランティア受付を手探りながら社協職員のみにて、行いました。13日に71名のボランティアを受け入れ活動に従事されました。奮闘素晴らしく感じ取れました。
午後からは千葉県社会福祉協議会よりの依頼にて、浦安市ボランティアセンター他、ボラセン経験者も来場され、明日からのボラセン従事心強い限りです。

鋸南町は、添付写真の通り台風被害屋根瓦が多く破壊されておりました。
屋根ビニールシート補強、土嚢袋多数必要とする事考慮し、本日のボランティアの少年6名にて、災害時対応素早い土嚢袋作成を指導し、2時間で700袋完了、若い力頼りになります。

総括
明日から(土、日)ボランティア多数来場する事考慮、私共は朝早くから事前に鋸南町災害状況を視察致しました事由、住民がこれからボランティアに、どのようなニーズ要求されるかをお話しさせて頂き総括と致しました。

日時:9/13(金)
場所:千葉県安房郡鋸南町役場
参加:千葉県安房郡鋸南町社会福祉協議会
指導:中村利孝副支部長
指導:高場捷美副支部長
指導:高崎勝利防災士
指導:小椋養一防災士
内容:ボランティアセンター立ち上げ指導

chibakita190913-1

chibakita190913-2

chibakita190913-3

chibakita190913-4

千葉県北部支部 9/7(土) 四街道市民大学講座防災講演(千葉県四街道市)

防災講座 基礎編
そのとき!あなたの身を守る備え~在宅避難~

令和元年9月7日(土)、四街道市教育委員会の依頼で、「平成31年度四街道市民大学講座(第4講)」約80人の生徒さん対象に千葉県北部支部が防災講座を行ないました。
大災害発生時、その被害を最小限にとどめるには、自分の命は自分で守る「自助」が基本。「生き残る」と「生き延びる」をキーワードに、座学とワークショップから一人ひとりに必要な備えについて、みんなで考えました。

必ずしも「地震=避難所生活」ではないこと、被災後も自宅で生活を続けるために必要なモノ・りょう(目安)・考えるポイント・なぜ必要なのか等を学んだあとは、『自分ができること』そして『一人ひとりの備え=災害に強いまちづくり(地域防災力向上)』であることに気づく講座となりました。

座学、実技(shake out)、ワーク、発表、実験(トイレの凝固剤比べ)を行なうことで、防災を自分事として考える方が増えたことを感じました。

日時:令和元年9月7日(土) 10:00~11:30
場所:四街道市保健センター
参加人数:約80人
講師:平山 優子 防災士
スタッフ数:3名の防災士(岡田、青山、榎本)
内容:
・座学(家屋・家の中の安全、避難所とは)
・実技(shake out)
・ワーク・、発表(在宅避難用の備蓄品について)
・実験(トイレの凝固剤比べ)

chibakita190907-1 

chibakita190907-2 

chibakita190907-3 

長野県支部 活動報告(フォーラム参加)

先日9/11(水)に長野県主催の男女共同参画フォーラムが開催され
支部より複数名で参加してきました。
防災に女性目線が必要不可欠だと言われています。

しかしながら自主防災組織の意思決定機関に
女性役員はほぼ存在しないと言う現実があります。

自主防災組織は地区の役員による充て職(あてしょく)であることが多く
その地区の三役は家長である男性が選ばれる、と言うことも
役員が男性で占められている理由のひとつです。

防災講座などでは
・女性目線での防災が大事であること
・なぜ女性目線が必要なのか
について事例を挙げながらお伝えしています。
参加者は理解してくれるのですが、実際に女性を参画させる方法がわからず
戸惑っている様子が伺えます。
さらに地区の役員の任期は1年であるため、充て職の自主防災会の役員も
翌年には新しい人に変わってしまい、女性の参画については
毎年の申し送り事項に留まりなかなか改善がされません。

女性参画の必要性を訴えるだけでなく、参画できるよう
具体的な「しくみ」を作り実現までサポートしていく必要があると感じました。

nagano190911-1

愛知県支部 岩高祭で防災・減災啓発

 9月4日(水)に愛知県立岩倉総合高等学校様からご依頼を頂き、愛知県防災士会による「防災ブース」を開設いたしましたので、
その模様を報告資料にまとめ報告いたします。

aichi190904-1
報告資料はコチラからご覧ください

北海道支部 胆振東部地震安平町復興祈念式典

hokaido280924-9.jpg hokaido190705-1広報報告 北海道防災士会  № 205

支援団体・ボラ活動等への感謝状の授与
1 開催日時 令和元年9月6日(金)
                 14:00~15:30
2 開催会場 北海道胆振支庁 安平町 追分公民館 
3 開催機関 北海道胆振支庁 安平町
4 授与者等 震災時におけるボラ活動の他、災害支援などに携わった機関・団体・
         事業所など・・・・約180団体
5 当会該当 北海道防災士会(役員) 浅野勇夫氏(新ひだか町東静内・・)
         災害発生当時から,3ヶ月以上に渡って,被災地の水管理などに従事する。

hokaido190906-1

北海道支部 北海道胆振東部地震一周年報道対応

hokaido280924-9.jpg hokaido190705-1広報活動報告 北海道防災士会  № 204



【北海道新聞】                  【十勝毎日新聞】
1報道日時 令和元年9/7(日)朝刊    1報道日時 令和元年9/6(土)朝刊
2報道内容 くらしと防災の中で       2報道内容 ブラックアウト時の対応
3報道範囲 北海道内一円          3報道範囲 北海道十勝地方一円
4取材対応 北海道防災士会        4取材対応 北海道防災士会事務局長 横内
            事務局長 横内

hokaido190907-1

横浜支部 防災士よこはま NO.45を発行

yokohama190901-1
防災士よこはまはコチラからご覧ください

<防災士よこはま概要>
・防災の日「横浜市鶴見区矢向地区防災訓練」参加報告

茨城県支部 茨城県防災士会だより第26号を発行

ibaragi190910-1
茨城県防災士だよりはコチラからご覧ください

<茨城県防災士会だより概要>
・いばらき防災大学(鹿嶋会場)にて気象庁ワークショップ担当
・各地の講演等の実施報告
・今後の各種講演会
・今後のイベント案内
・エリア活動通信
・氾濫時の広域避難計画〈再掲)
・話題
・NPO法人茨城県防災士会 役員・責任担当名簿
・市町村防災ご担当の皆様へ 他

九州ブロック支部連絡協議会 「令和元年8月の前線に伴う九州北部大雨災害」による支援の対応について

報告者   吉 水 康 夫             
常任理事(九州ブロック支部連担当)
  -  
「令和元年8月の前線に伴う九州北部大雨災害」による支援の対応について

 表題の件、九州ブロック支部連絡協議会では、佐賀市ボランティアセンターにおいて、幹部で協議を行いましたので報告いたします。
なお、協議内容は次のとおりですのでよろしくお願いいたします。また、佐賀県支部及び九州ブロック支部連絡協議会には本部からの資機材はいただかなくてよろしいです。

協 議
日 時 : 令和元年9月3日(火)10:00~11:00
場 所 : 佐賀市災害ボランティアセンター(佐賀市ほほえみ館前駐車場)
協議者 : 西会長(佐賀県支部長)・吉水副会長(鹿児島県支部長・本部常任理事)
            田中事務局長(大分県支部長・本部理事)・佐賀県支部役員2名
見 聞 : 協議終了後、武雄市・大町町に出向(吉水、田中)

協議結果(佐賀県支部の方針含む)
○ 佐賀県支部は、佐賀市災害ボランティアセンターの運営支援を中心に支援することに決め、被災場所でのボランティアが足りない場合は出向している。(佐賀市及び大町町のボランティア受け入れは県内のみ)ただし、佐賀市が落ち着いたら、他の災害市町に支援に入ることを考えている。

○ 九州ブロック支部連絡協議会としての支援拠点は設けないこととし、支援対応も、各県支部で各市町のボランティアセンターに問い合わせていただき、各県独自で支援していただくものとする。(全国各会員の対応も含む)

※ 問い合わせ等は、
佐賀県防災士会小林紀事務局長(090-5282-0952)

※ 災害実動支援は出来ないが、佐賀県支部に資金支援をされる場合は、下記の口座にお願いします。
ゆうちょ銀行   サガケンボウサイシカイ  1775―003266481

◇ 参考(受付は9:00~11:00で、事前予約は出来ないとのこと)

武雄市災害ボランティアセンター
▶受付場所=旧武雄市北方支所(北方町志久)
▶受付時間=午前9時~午前11時
▶活動時間=午前9時~午後3時
▶活動内容=家具の搬出、泥の片付け
▶募集対象=県内外問わず
▶問い合わせ=080(5061)9631、080(5061)9632、080(5061)9636
・雨天時は中止の場合あり。市HPで発表。また、事前予約は出来ないとのことです。
・他市町は、県内のみ受入れのようですが、各市町ホームページなどでご確認ください。

kyushu190804-1

kyushu190804-2

千葉県北部支部 9/1(日)市原市総合防災訓練(千葉県市原市)

令和元年9月1(日)、市原市、養老小学校において、令和元年度市原市総合防災訓練が実施されました。
千葉県北部支部は防災フェアー形式としたブースにおいて、倒壊家屋からの救助救出、応急救護、簡易ランタン、三角テント、ロープワーク、東日本大震災DVDの上映と写真展示等の参加者が「見て・触れて・体験する」ことを目的とした普及啓発活動を展開しました。

9月1日防災の日に本防災訓練を企画実行したことは、大きな効果があります。なぜ「防災の日」があるのかを振り返ることも、大切であることに気づきました。
倒壊家屋からの救助救出ですが、最初に声掛け、励ましと人を集めること及び救出活動にあたり、安全への配慮の大切さを知りました。

事務担当として
1 市原市内に在住する会員(防災士)に参加への声掛けを実施した。
2 他の防災機関と連携を密にすることができた。
3 猛暑であったことから、熱中症防止対策を確実に行った。

日時:令和元年9月1日(日) 9:00~12:30
場所:市原市立養老小学校(市原市松崎820番地)
参加:市内住民、自主防災組織 約500人
スタッフ数:7名の防災士(佐藤 修一・鈴木 不二美・渡邉 一弘・五味川 文康・
    河野 昌雄・高場 捷美・髙安 修蔵)
内容:模擬倒壊家屋、応急救護、応急担架、簡易ランタン、三角テント、ロープワーク、
    東日本大震災DVDの上映と写真展示

chibakita190901-1

chibakita190901-2

chibakita190901-3

千葉県北部支部 8/31(土)四街道市総合防災訓練(千葉県四街道市)

令和元年8月31日1(土)千葉県四街道市、中央運動公園で、四街道市総合防災訓練が行われました。市、消防署、警察署、自衛隊、消防団、日本赤十字社等メーン会場での地震災害時の訓練が行われ、大勢の市民が救助訓練を見学していました。
千葉県北部支部は、サブ会場で防災・減災の観点から、家具転倒防止対策・通電火災防止・水を流さないトイレ展示・説明とタイアップした日本栄養士会の液体ミルクの説明等のコーナーを担当しました。

展示コーナーは自分の命は自分で守るというメインテーマで、参加市民の質問等に納得できるまで細かく説明をしました。市民の方たちは家具転倒防止対策の大切さと、自宅避難の際のトイレには感心していました。特にトイレコーナーでは、慣れないと出るものも出ないと普段からの実践を指導したところ、皆さんがうなずいていました。日頃の訓練が大事と、家具転倒防止の必要性に気づいていただけました。

防災訓練の1コーナーでしたが、参加した市民に細かいところを時間をかけて説明する必要性を痛切に感じました。命を守るための「きずき」を時間を掛けることも大切であると感じ、有意義な出展となりました。

日時:令和元年8月31日(土)8:45-11:45
場所:四街道市中央運動公園
参加:四街道市民 700名以上
スタッフ:5名(谷・小椋・熊澤・岡田・髙﨑防災士)
内容:総合防災訓練のブース出展

chibakita190831-1

chibakita190831-2

chibakita190831-3

愛知県支部 スキルアップ研修会

災害時における地域課題の取り組み
~ 避難所・避難生活への備えと見直し ~

日 時:令和元年8月24日(土) 13:30~15:10
場 所:東特会館 4階 会議室
講 師:防災士 羽田 道信 氏  
    NPO法人 愛知県防災士会 防災アドバイザー、研修委員
    (藤田医科大学 医療科学部 特任教授)
参加者:47名

aichi190824-4 開催冒頭、NPO法人愛知県防災士会 寺島理事長から本日、参加された会員の皆様へ、平素の活動への感謝と今後の活動理念への基礎学習としてのスキルアップ研修と捉えて頂く機会とされたいと挨拶を述べた。
 次に司会進行役の森副理事長(兼研修委員長)から本日のスキルアップ研修を担当される羽田講師を紹介し、スキルアップ研修の本題へとバトンを講師へ繋いで行きました。
 羽田講師は、防災士の資格を取った当時の過去を振り返り、aichi190824-2自我の目覚めから「自分に出来る活動は?」を追及しつつ、非営利活動法人日本防災士会会員の活動理念に触れ、自分が導かれ原動力となっていることを改めて解説し、今日に至っていることを会員の皆さんへ理解・浸透して頂くよう説明をされました。
 また、地域防災計画と地区防災計画の違いや防災マニュアルが膨大な資料となっている現状と矛盾点にも言及され、普段から確認する習性を身に着けることの重要性と災害からの教訓に学び、防災マニュアルを実態に即し、年2回改定している地域があることも知っておく必要があると紹介されました。
 防災訓練は、行政や地域、会社、企業等において、機会に合わせ啓発活動を進めていく機運が高まる中において、「防災運動会」と名打って、防災に関する競技の種目を取り入れている地域が、成績や結果を重んじるがゆえに、間違った訓練方法を身に着けてしまうという落とし穴があることに気づかされました。
 更に、「阪神・淡路大震災」と「東日本大震災」、「熊本地震」の過去に発生した地震による直接死と間接死の割合を比較され、間接的な要因により亡くなられた方が多いという現状を認識し、避難所と避難生活の重要性を説かれました。 
 また、最後に羽田講師が10月6日に豊明市の避難所運営委員会の発足並びに避難所開設・運営訓練プログラムに携われた内容を一覧表により説明され、運営班を8班に分け、実際に避難所運営訓練を実施することとなるわけですが、仮に南海トラフ巨大地震による罹災、被災者となる場合を想定して、8班に所属する役割分担があったとしても、要員配置上、どの班に所属しても、その班の仕事、ボランティアをこなせるように普段から訓練を積む必要があるとの説明に共感を覚えました。

【パワーポイント資料】
aichi190824-3 ○表紙 災害時における地域課題への取り組み
 ~避難所・避難生活の備えと取り組み~ 
 ○日本防災士会の活動理念
 ○積極的に取り組む事項
 ○防災計画の体系(内閣府)
 ○地域防災計画
 ○地域防災における課題事例
 ○避難所単位で地域防災を考える
 ○避難所運営委員会
 ○避難所運営委員会の設立
 ○別紙資料
  ・避難所開設・運営訓練(リーダー養成)プログラム
  ・中央小学校区避難所運営委員会組織及び運営班
 ○防災士認証者・会員数
 ○一防災士として
文責・写真:阿部 健二

千葉県北部支部 8/27(火)野田市福祉避難所施設職員向け避難所運営図上訓練「HUG」(千葉県野田市)

令和元年8/27(火)千葉県立野田市特別支援学校大会議室において、福祉避難所施設職員向け避難所運営図上訓練「HUG」が行われ千葉県北部支部が支援致しました。

野田市保健福祉部障がい者支援課よりの要請により要望形態に沿い、野田市内には3カ所の福祉避難所が有り施設職員向けに、初めての「HUG」訓練を実施致しました。
中村利孝副支部長の講師により臨場感持ち切迫感溢れる話術の時間配分に、皆さん奮闘されていました。福祉支援学校西村校長先生自らゲームに加わり他職員共々講義用マイクボリューム上げざるを得ない程、皆さん声高らかな熱の入れように防災意欲大いに感じ取れました。

今回感じ取れたの実例は、一般向け「HUG」の避難所体育館との通路の幅の違いです。
皆さん福祉避難所としての認識高く車椅子用にと、通路幅を広く設定して有る点、優しさを持っての要支援者区分教室開放対応等に感服致しました。
質疑応答の時間を多く設定して全テーブルにての、デスッカッション活気満ちあふれ、今後より発展して行かれる事切に願望致します。最後に重要な災害時対応のトイレ問題解消を実演致しました。

野田市保健福祉部障がい者支援課及び、千葉県立野田市特別支援学校の皆さん「HUG」準備完璧に、痛み入り感謝致します。

日時:令和元年8月27(火) 9:00~12:00
場所:千葉県立野田市特別支援学校大会議室
参加:特別支援学校及び福祉避難所施設職員約100名
講師:中村利孝副支部長
スタッフ:4名
高崎勝利防災士
石田健防災士
小林喜世志防災士
小椋養一防災士
内容:福祉避難所運営職員向け避難所運営図上訓練「HUG」

chibakita190827-1

chibakita190827-2

chibakita190827-3

chibakita190827-4

北海道支部 防災体験活動

hokaido280924-9.jpg hokaido190705-1 活動報告 北海道防災士会 №203 

1開催日時  令和元年8月25日(日)
         14:00~17:00
2開催会場  国立滝野スズラン公園(札幌市南区滝野)
hokaido190825-13開催概要  花火鑑賞に伴う事前イベント(防災体験)
4活動団体  ①【よみしばい わおん】の皆さん
       絵本朗読による防災伝承(動作付き)
       ②【北海道防災士会】参加協力会員4名
       家族防災体験(消火体験)など・・・
  
hokaido190825-2
プロフィール

日本防災士会

Author:日本防災士会
日本防災士会は、会員相互のネットワーク構築とスキルアップを支援し、地域防災力の向上に寄与することを基本理念として活動に取り組んでいます。

最新記事
カテゴリ(支部)
カテゴリ(活動)

啓発 支部会報 研修 コミュニティー 講演 イベント 訓練 教育 勉強会 指導 HUG 現地活動 総会 被災地支援 訓練指導 DIG 女性 協定 支部総会 避難所 支部会議 研修指導 HUG 受賞 自主防災組織 女性防災士 セミナー 連携 支部活動 地区防災計画 支部設立 訓練HUG 実技指導 法人化 

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR